CRSセレクト カスタムパーツ ニュース

僕がハイエースに決めた訳  第4話 男の道楽!ハイエースとバス釣り、ロッドホルダー、ヒッチメンバー編

3月 01

ー前回までのあらすじー

ハイエースの魅力にとりつかれた森満夫34才。

最初に飛び込んだディーラーでハイエースの種類の多さに

ビックリしつつもボディサイズは決まった。

そしてもう一つの選択ディーゼルorガソリンで悩む。

ディーゼル規制と うるさいエンジン音も気になったモリマンは

ガソリン車に決める

 

パート1から見たい人はコチラ

 

 

第5話 「クルマ屋めぐりの日」

 

今日は土曜日、夕方仕事が終わり本屋で車購入の為の参考資料を買いにいった。

買ったのはカーセンサーとGOOと、出たばかりの

ハイエースパーフェクトブック4.0」

いつも愛読してるゲイ文社のムック本だ。

ハイエースはこんなにパーツが多いのかと驚きながらも一気に読み終えた。

よし大体の仕様は決まってきたぞ

明日は日曜日、待ちに待った車屋めぐりの日だ

 

 

 

untitled

 

今日の大阪は晴天、朝10時から友人のキンタ(中学の同級生で無職な自由人)に

電話して車屋巡りに出発。

このキンタもフリーマンのくせにハイエース購入をたくらむ一人だ

ガソリンスタンドに入りバイトの女子に「パイオツ満タン」とセクハラを言い放ちながら

缶コーヒーとセブンスターを買い準備万全。

待ってろハイエース!

 

 

1件目は西淀川のディーラー。出てきたのは鬼瓦のような顔した営業マン。

「ハ、ハイエースありますか?」

「あるよっ」

ノリはよさそうだ

ちょうどナローボディのスーパーGLがあり始めてじっくり室内をながめた

「試乗してもろうてええですよ」とバリバリの関西弁な鬼瓦

「じゃあお言葉に甘えて」と乗り込んだ。

助手席には鬼瓦

「この交差点を右」、

「ウィンカー出して目視」

「そこ左!」

 

教習所以来のイヤな汗がでてきた。

無事路上試験?を終えて「検討します」と言って店をでた。

 

 

次はカーセンサーやGOOに載ってた新車を売ってるお店

ホンダ車や他車種もあった。いろいろサービスしてくれるらしいが見積もりは出なかった

どうやらハイエースは今一番の激戦区で見積もりは出さないところが多いらしい・・

でもあれこれ付いてるのは素直に嬉しい

「保証はあるんですか?」

「もちろんありますよ。近所のディーラーで保証修理できます」

とのこと。

納期や支払いの総額を聞いて店をでる。

 

 

次はネッツトヨタのディーラー

入るなり日本人離れした営業マンにあたる

「イラッシャイマセ」

どうやら日本語はできるらしい・・

ネッツチャンネルで扱ってるのはレジアスエース

販売チャンネルが違うだけで同じ車なのはオレでも知ってる

この店員日本人ばなれしてるのは顔だけじゃなく値引きも日本人ばなれしていた。

値引きが大きくちょっと惹かれた(エンブレム外したらいいか・・・)

「コックンカップ」とタイ語でお礼を伝えて店をでる

 

 

 

さすがに立て続けは疲れるぜ

時間は4時をまわり今日の予定はあと一件残すのみ

カーセンサーにもハイエース本にも載ってた

豊中にあるTRFというハイエース専門店のお店だ

 

 

第6話に続く

コメントを残す

You must be logged in to post a comment.


このページの先頭へ